簡単な使い方

Windows Vista・Windows7でご利用のお客様へ

2010/1/26 追記
Windows Vista・Windows7で起動時にエラーが出る場合、インストール先を変更していただくか、価格改定君を「管理者として実行」していただく必要があります。
詳しくはこちらをご覧ください。

ver3.0.0より、Access Key IDの取得は不要になりました。代わりにMWSへのご登録手続きを行なっていただく必要があります。
MWSへのご登録手続きはこちらを御覧ください。

重要:アクセスキーID・シークレットキー取得・設定のお願い

2009/8/3 追記
アマゾンの仕様変更に伴い価格改定君ver1.8から、アマゾンウェブサービスのアカウントを取得していただき、「Access Key ID(アクセスキー)」「Secret Key(シークレットキー)」というものを設定していただくことが必要となりました。
アマゾンウェブサービスのアカウントは無料で取得することができます。
アマゾンウェブサービスのアカウント取得方法・設定方法をご覧の上、ソフト使用前に取得・設定をお願いします。

目次

価格改定君の使い方は以下のような流れになります。

1.初期設定
2.アマゾンから出品レポートをダウンロード
3.出品レポートを読み込み
4.商品データの取得
5.価格改定
6.アップロードファイル形式でデータを保存
7.アップロードファイルをアマゾンへアップロード


基本的に、最初に価格改定の条件を設定し、あとはボタンを左から右へクリックしていくだけで価格改定のアップロードファイルを作成することができます。
データがいっぱい表示されるので難しく感じられるかもしれませんが、操作は簡単ですので、順を追って説明していきますね。

この「簡単な使い方」では基本的な使い方を一通りサラっと説明します。
より詳しい使い方や、細かいデータの意味を知りたい方は、詳細説明をご覧ください。


1.初期設定


まず最初に、図1の「各種設定」をクリックしてください。
kex_simple1.jpg 図1


すると図2のウィンドウが表示されますので、1と2で価格改定の条件を設定します。

kex_simple2.jpg図2

1は『最安値から』『「可」以外の最安値から』『自分のコンディション以上の最安値から』の3つから、選ぶことができます。
『最安値から』を選択すると、状態に関わらず、一番安い出品物を基準に価格改定をします。
『「可」以外の最安値から』を選択すると、「可」以外の出品物の中で最も安い出品物を基準に価格改定をします。
『自分のコンディション以上の最安値から』を選択すると、例えば自分の出品物の状態が「非常に良い」だった場合、「非常によい」「ほぼ新品」「新品」の出品物の中で、最も安い出品物を基準に価格改定します。

2では、基準の出品物に対して、いくら安くするのかを設定します。
ここを「0」とすると、基準の出品物と同額になります。
また、「-○○」というように、マイナスをつけると基準の出品物の出品価格に○○円を上乗せした価格に改定されます。
例えば、「-10」と設定した場合、基準の出品物の出品価格が100円だとすると、改定価格は110円になります。

3では、1円で出品されている出品物を価格改定の基準とするのか、それとも無視するのかを設定できます。
例えば、
最安1 最安2 最安3 最安4 最安5
価格 1 10 160 180 200
という出品物の場合、チェックを入れていないと最安1の出品価格1円が価格改定の基準となり、チェックを入れていると最安2の出品価格10円が価格改定の基準となります。

4には、MWSの出品者IDを入力してください。
MWSのアカウント登録方法・出品者IDの確認方法はこちらをご覧ください。

最後に「設定」ボタンをクリックして設定完了です。



2.アマゾンから出品レポートをダウンロード


アマゾンの出品用アカウントページより、ご自分の出品レポートをダウンロードしてください。
出品レポートのダウンロードの方法はこちらをご覧ください。



3.出品レポートを読み込み


次は出品レポートを価格改定君に読み込みます。
図3の「出品レポート読込」ボタンをクリックすると、ファイルを開くウィンドウが出ますので、2でダウンロードした出品レポートを開いてください。
正常に出品レポートが読み込まれると、メイン画面にデータが表示されます。
kex_simple3.jpg図3

Ver3.0.0以降のバージョンでは、下記に該当するアカウントにも対応いたしております。
※「2009年10月以降にアマゾンのアカウントを新規作成された方」および、「マーチャント@amazon.co.jpにご登録されている方」は出品レポートの形式が異なるため、価格改定君をご利用いただくことができませんので、あらかじめご了承ください。
(出品レポートを読み込もうとすると『出品レポートと異なる形式のファイルが指定されました。出品レポートを指定してください。』とエラーが出ます。)



4.商品データの取得


次はアマゾンから商品のデータを取得します。
図4の「データ取得」ボタンをクリックしてください。
アマゾンからデータを取得するのにはしばらく時間がかかりますので、完了するまでそのままでお待ちください。
kex_simple4.jpg 図4


※データ取得が完了してもランキングや競合他社の情報が表示されない場合、アマゾンからデータの取得ができていません。
この場合、出品者ID設定が正確にできていない可能性が高いですので、正確に入力できているかどうかご確認ください。



5.価格改定


データ取得が完了しましたら価格を改定します。
図5の「価格改定」ボタンをクリックしてください。
kex_simple5.jpg 図5


1.初期設定で設定した条件を基に、価格改定が実行され、図6のように「改定値」の欄に改定価格が、「差額」の欄に「改定価格-現在価格」の差額が表示されます。

自動で価格改定を行った後は、一度ご自分の目で思い通りの価格に改定されているか、ご確認ください。
思い通りの価格になっていない場合は、その改定値の欄を選択後、半角数字を入力することで、改定価格を直接修正することもできます。
kex_simple6.jpgsmall>図6


6.アップロードファイル形式でデータを保存


さて、思い通りの改定価格になりましたら、データをファイルに保存します。
図7の「アップロード形式」ボタンをクリックしてください。
改定した価格データが、アマゾンのアップロードファイル形式で保存されます。
kex_simple7.jpg 図7


7.アップロードファイルをアマゾンへアップロード


最後に、アマゾンの出品アカウントから、6で保存したファイルをアップロードしてください。

このとき、「アップロードオプションの種類」の項目は「価格と数量」を選択してください。
「出品ファイル」を選択されますと、現在出品中の商品が取り消されるおそれがありますので、ご注意ください!!
ファイルのアップロードの方法はこちらをご覧ください。

以上で価格改定が完了です。お疲れ様でした。